[PR]

 体操の世界選手権で、ロンジン・エレガンス賞の受賞者が10日発表され、男子は内村航平(コナミ)、女子は姚金男(中)が選出された。内村は史上最多となる3度目の受賞。「3回目はないと思っていたので少し驚いた。ただ、美しい体操を評価してくれることはいつでもうれしいし、今後の励みになる」と話した。個人総合決勝進出選手から、演技の美しさや優雅さ、人間性などを含めた選考基準で選ばれる。

こんなニュースも