【動画】17年ぶりに復活した義経号=戸村登撮影
[PR]

 京都市下京区の梅小路蒸気機関車館で10日、蒸気機関車(SL)の義経号が17年ぶりに復活し、館内展示用の路線を走るSLスチーム号としてお目見えした。

 義経号は全長約12メートル、重さ約28トン。1880(明治13)年の米国製で、同年に輸入された。1923(大正12)年に廃車となり、91年からは大阪市港区の交通科学博物館(交博)に保存展示されていた。今春同館の閉館に伴って移され、JR西日本が整備していた。

 実際に運行されるのは97年以来。この日は館内の国重要文化財「扇形車庫」の建造100周年にもあたり、招待された保育園児約80人が義経号の客車に乗り込み、歓声を上げていた。

 今後の運行予定は未定。(小河雅臣)