[PR]

 日本人男性の人格権が侵害されているとして、東京地裁がインターネット検索最大手「グーグル」に対して、検索結果の一部の削除を命じた仮処分決定を巡り、グーグル側が「削除するかどうかを検討している」と男性側に伝えてきたことがわかった。

 東京地裁は9日の仮処分決定で、男性が求めた237件のうち122件の検索結果について、男性の人格権を侵害していると認め、グーグルに削除を命じた。

 グーグル側代理人は10日、男性側代理人に対し、仮処分決定を強制的に実行するための手続きはしばらく待ってほしいと伝えてきたという。仮処分を申し立てて、認められた場合には、申請者は「間接強制」という手続きを裁判所に求めることができる。男性側代理人によると、グーグル側は10日、「削除するかどうかを検討するので、間接強制の申し立ては控えてほしい」と男性側に要請したという。(榊原謙)