[PR]

 約100メートルの木造廊下を雑巾がけし、速さを競う「Z―1グランプリ」の決勝が12日、愛媛県西予市宇和町であり、上位3人がギネス世界記録に挑戦した。

 旧小学校校舎を使った博物館で2004年から続く催し。ルールはから拭きだが、「絞った雑巾で」とギネス側から注文がつき、ぬれ雑巾でトライした。

 優勝した同県宇和島市の消防士中川源輝さん(28)も、ギネスには約2秒届かず。「ぬれ雑巾でも練習して出直したい」と「二度拭き」を宣言した。