[PR]

 プロ野球ソフトバンクの秋山幸二監督(52)が、今季限りで退任することが14日、わかった。今季はチームを3年ぶりのリーグ優勝に導いたが、9月に入って連敗が続いたことで辞意を固めたとみられる。同日午後、球団の後藤芳光・社長兼オーナー代行(51)が記者会見をして発表する。

 秋山監督はソフトバンクの前身のダイエーで活躍。2009年にソフトバンクの監督に就任すると、10、11年にパ・リーグ連覇を果たし、11年は日本一にも輝いた。今季が3年契約の最終年で、球団側は来季以降の契約継続を希望したが、圧倒的な戦力を持ちながら苦戦したこともあって、辞意は固かったという。

 ソフトバンクは日本一奪回に向け、15日から始まるクライマックスシリーズの最終ステージに臨む。

こんなニュースも