[PR]

 落語家の柳家さん喬さん(66)が、落語を通して国内外の日本語教育に継続的に取り組んだとして、2014年度国際交流基金賞を受けた。14日に東京都港区のホテルオークラ東京で授賞式があった。落語家の受賞は初めて。

 国際交流基金賞は1973年から始まり、日本と海外の相互理解の促進に長年にわたって貢献した個人や団体に贈られる。

 さん喬さんは2001年から筑波大の留学生に、落語会で日本語表現法や文化を教えてきた。06年からは毎年、米国のミドルベリー大学夏期日本語学校で落語公演や小噺(ばなし)指導をしている。米国、韓国、シンガポール、フランスなど7カ国で活動を広めている。

 式典で、さん喬さんは「落語や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら