[PR]

 松島みどり法相は14日の参院法務委員会で、自身の選挙区内で似顔絵入りのうちわを配った問題について「いささかでも疑念を抱かれるような事柄があれば、その都度、真摯(しんし)に説明したい」と釈明した。

 松島氏は10日の会見で「色々な雑音でご迷惑をかけたことは残念」と述べており、この発言についても「私自身に対する予算委員会でのご指摘や報道について、あたかもそれが『雑音』であるかのように受け取られる発言をいたしたことを陳謝します」と述べた。

 野党は「『雑音』という言葉は、無責任なうわさや批判という意味。看過できない」と批判していた。

 一方、衆院安全保障委員会は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも