村越望さん(むらこし・のぞみ=第1次南極観測越冬隊員)が13日、くも膜下出血で死去、88歳。葬儀は近親者で19日に営む。喪主は長男真(しん)さんと次男潤(じゅん)さん。有志で12月14日にしのぶ会を東京都内で開く予定。

 1956年出発の1次越冬隊に気象担当で参加。その後も4次越冬隊、9次と10次の夏隊に参加。12次夏隊長、15次越冬隊長を務めた。