[PR]

 2歳の長男と妻にエアガンを発射してけがを負わせたとして、広島県警は15日、福山市大門町6丁目、会社員中島敬済(たかずみ)容疑者(25)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。調べに対し容疑を認め、「長男がテレビのチャンネルを勝手に変えたので腹が立った」と話しているという。

 福山東署によると、中島容疑者は14日午後6時半ごろ、自宅で近距離から長男にプラスチック製の弾(直径数ミリ)数十発を発射し、全身に1カ月のけがを負わせ、さらに長男をかばった妻(29)にも、軽いけがをさせた疑いがある。夫婦で長男を市内の医療機関に連れて行き、診察した医師が110番通報した。

 中島容疑者は長男、妻との3人暮らし。エアガンは長さ約60センチのマシンガンタイプで、弾が連射できる仕組みだった。