[PR]

 タイ警察当局は17日、バンコクのマンションに住んでいた日本人男性が9月下旬から行方不明になっており、犯罪に巻き込まれた可能性があるとみて、捜査を始めていると発表した。

 フアイクワン署の捜査担当者によると、行方がわからなくなっているのは、愛知県出身の島戸義則さん(79)。長期滞在ビザを取得してバンコク中心部のマンションに住みながら日本語を教える仕事をしていたという。連絡がとれなくなったことから、今月14日に日本から来た家族がマンションを訪ねた。室内にはタイ人の40代の女性がいた。

 その後の捜査で、この女性が島戸さんの銀行口座から計70万バーツ(約230万円)を引き出していた疑いが強まり、警察は女性を窃盗容疑で逮捕し、島戸さんの行方についても事情を聴いている。(クアラルンプール=大野良祐)

こんなニュースも