[PR]

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)のセ・リーグ最終ステージ(S)第4戦が18日、東京ドームであり、リーグ2位の阪神が8―4で1位巨人に4連勝、2005年以来9年ぶり6度目の日本シリーズ進出を決めた。セでリーグ1位以外が同シリーズに進むのは、07年の2位中日以来2度目。

 阪神は、巨人と7ゲーム差の2位でCSに進出。第1Sで3位広島に1勝1分けとし、5度目のCS挑戦で球団史上初めて第1Sを突破。巨人に1勝のアドバンテージがあった最終Sでも圧倒した。

 日本シリーズは25日に阪神の本拠・甲子園で開幕する。ソフトバンクと日本ハムが対戦しているパ・リーグの最終S勝者が相手となる。

こんなニュースも