[PR]

 幕末の志士、高杉晋作の顔が浮かび上がった「晋作ラテ」が、山口県下関市のカフェ「アンティーク&オールディーズ」で人気を集めている。

 同店は、晋作が150年前に倒幕をめざして挙兵した功山寺のそば。福岡県八女産の抹茶を使い、晋作の型をかざしてココアパウダーをふりかけて描く。

 山口県は来年放送の大河ドラマの舞台で、観光客増に期待が膨らむ。「晋作ゆかりの地で、カップに浮かぶ顔を眺めながら幕末に思いをはせてみて」