[PR]

 東京タワー(東京都港区)で昨年9月、エレベーターの窓ガラス(厚さ6・8ミリ)を鉄板が突き破り、中にいた6歳男児がガラス片で負傷した事故で、国土交通省は28日、調査部会の報告書を公表した。設置後45年以上の滑車の老朽化でゴンドラをつるすワイヤロープが切れ、はずみでその周りの鋼板が落下した可能性が高いと結論づけた。

 事故は特別展望台(地上250メートル)から大展望台(同150メートル)へ下降を始めた直後に発生。特別展望台の上方約7・5メートルにある機械室でワイヤロープを覆っている鋼板(重さ3・5キロ)が落ちてガラスを突き破り、男児は割れたガラス片で左手の甲に切り傷を負った。エレベーターは非常停止し、男児を含む12人が約2時間閉じ込められた。

 報告書によると、機械室で鋼板を留めていたネジの一部が外れ、6本あるワイヤロープの1本も破断していた。破断の原因は、ワイヤロープと接触してエレベーターを動かす滑車に複数ある溝が経年劣化によって一部分だけが深く削られ、段差ができたせいだった。

 このエレベーターは1日約900回起動しているが、滑車はエレベーターが乗客用に改修された1967年以降、一度も交換されていなかった。国交省によると交換時期は法的に定められていないが、報告書は事故3日前に保守会社が「異常なし」とした点検を「確認不足」と指摘。国交省にも、現状の定期点検で足りない部分は必要な措置を講じるよう求めた。

 また、ガラスも設置当初から変わっていないと推定され、男児のけがは、割れても飛散しないタイプではなかったためと認定した。(小林誠一)