[PR]

 飼い主から逃げたり捨てられたりして行き場をなくした犬。動物愛護の観点から全国で殺処分を減らす動きが広がり、「ゼロ」を実現する自治体が出てきた。ペット業界でも、殺処分減少への取り組みが進み始めている。

 「うちに来る?」。月1回、川崎市動物愛護センターが開く犬の譲渡会。9月下旬、市内の夫婦は4~5歳の雑種犬を飼うことに決めた。妻は「殺処分されるのはつらいよね。何で捨てるんだろう。かわいがってあげなくちゃ」。

 同センターは飼い主候補に飼い方を講習し、譲渡後も家庭訪問で問題がないか確認する。犬にも飼い主にも「幸せになってもらいたい」と職員は話す。

 転勤や入院などで「もう飼えない」という飼い主の電話も同センターにはかかってくるが、簡単には引き取らない。職員が30分近く命の大切さを説き、手放す場合は飼い主を探すよう促している。

 同センターと、神奈川県内の横…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら