[PR]

 豊岡市を本拠地に活動する社会人野球チーム「NOMOベースボールクラブ」の内野手、河野大樹さん(23)が23日にあったプロ野球のドラフト会議(新人選手選択)で、福岡ソフトバンクホークスから育成枠で指名を受けた。河野選手は取材に対し、「試合に勝っても負けても応援を続けてくれた豊岡の皆さんに感謝している。早く1軍で活躍できるように頑張りたい」と話した。

 同ベースボールクラブから誕生したプロ野球選手は7人目。拠点を大阪から豊岡に移してからは初めて。河野選手は大阪市住吉区出身。上宮太子高校、三重中京大学卒業後、昨年3月にNOMOベースボールクラブに入団。城崎温泉の旅館「花まんだら」で宿泊客の送迎や布団敷きなどの仕事をしながら、プロを目指してきた。

 河野選手は、今年がダメなら実家に帰り就職をしようと決め、練習に打ち込んできたという。同ベースボールクラブのコーチ兼マネジャーの杉山栄司さん(50)は「ずば抜けた野球センスの持ち主なので、1軍での活躍が待ち遠しい」と話す。

 同ベースボールクラブは被災地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら