[PR]

 「男なら泣くな」「女は愛嬌(あいきょう)」。知らず知らず、私たちは「男/女らしさ」を意識する。でも、らしさってなんだろう。追い詰められる性的少数者の人たちや、とらわれる男たちの姿を通して考える。

 茶色い短髪、太い眉、つぶらな瞳。写真の中の姿は幼さが残る少年のようだ。

 廣田爲佐(ひろたいさ)さん。心は男なのに女の体で生まれた。2012年1月、吐瀉(としゃ)物をのどに詰まらせ、21歳で亡くなった。薬の過剰摂取を繰り返すなど不安定で、最後の日にもブログに「死んでいい」と書いていた。

 小5の時、女子児童から「男女(おとこおんな)」といじめられた。03年4月、横浜市にある中高一貫の女子校に入学。自伝「暁の空」(文芸社)によると、セーラー服が届くと母親が言った。「女の子らしくしないと、学校でやっていけなくなるわよ」

 「性同一性障害に生まれて」という廣田さんの詩から葛藤の跡がみえる。「自分で自分をおかしいと思いたくなくて/必死になってふつうを振る舞い続けた」

 しかし、心と体の不一致は大きくなる。先生に配った4枚の手紙によると、制服に耐えられず、高1で体操服の着用を願い出た。「自分を偽り、耐えてきた。もう限界なんです」

 高2で、男子制服の着用が認められる通信制高校のサポート校に転校。男性ホルモンの投与を受けるため、18歳と偽り、東京・新宿のクリニックを訪れた。注射の後、恩師に「人生で初めて生きててよかったと思えた」とメールした。

 コンビニのアルバイトに明け暮れ、手術費用をためた。08年12月からの2年で3回手術し、男の体を手に入れた。11年1月、戸籍上の性別を男性に変更した。

 ところが、心は満たされない。ブログにはこうある。「自分らしくの前に男/女らしくにこだわってしまう。性別なんて……そう言っている当事者が一番性別のことを気にしている」

 同居していた准看護師の大久保亜希子さん(43)には「全部終わったら死んじゃう気がする」と漏らしていた。「手術しても『ふつう』になれないと絶望していたのかもしれません」

 ノートには廣田さんの乱れた文字が残る。「ふつうを求めてなにがいけない」

 「女らしさ」を強いられた廣田さんは、あらがうように「男らしさ」を求め、苦しんだ。性同一性障害などの性的少数者は20人に1人とされる。彼ら彼女らがありのままに生きることを、何が阻んでいるのか。

らしさの圧力

 10月25日、性的少数者のLGBTといじめを考えるシンポが、都内であった。テーマは「男らしさ・女らしさの圧力を考える」。

 同性愛者であることを公表し、教育現場でのいじめ対策に取り組む大磯貴廣(たかひろ)さん(37)は「10代の頃から、女っぽい、気持ち悪い、オカマといじめられ、引きこもり、高校中退、自殺未遂を経験した」と明かした。教師に相談しても「男らしくなればいじめられない」と諭され、家では長男として結婚して一家を支えることを期待された。

 「子ども同士のいじめだけでなく、親や教師や社会にまで『戦線』が拡大して苦しかった。私個人の問題なのか、日本の社会の問題なのか、追究したいという一心で活動してきた」

 大磯さんが共同代表を務めるLGBT支援団体「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」が5月に発表したアンケート結果では、いじめを受けたことのあるLGBTは7割で、3割が自殺を考え、2割が自傷に及んでいた。

 「男らしくない男がゲイ」「女らしくない女がレズビアン」という見方は偏見だ。だが、調査では「男らしくない男」が標的になりやすい傾向も浮かんだ。

 「あんたみたいな人が生きてるなんて信じられないんだけど」。北日本で専門学校に通う男子学生(18)は、中2の時、同級生の女子生徒から投げつけられた一言が忘れられない。

 自らの性的指向に気づいてすぐの頃だった。立ち振る舞いが「男らしく」なかったせいか、「ゲイではないか」とうわさされていたと、後で知った。

 「ゲイだと言ったら、こんな目に遭うんだな」と思った。家でも学校でも隠し続けたが、「自分の体の一部をなくして生きているみたい」だった。ありのままの自分でいたいと、高校卒業を控えた昨年10月、同世代の集まる場でカミングアウト(公言)した。

 「僕はゲイです。日本では多くの同性愛者が拒絶を恐れ、本当の自分を隠しています。日本で同性愛者であることは、とても孤独な生き方なのです」

 「偏見も無関心もない世界を」とも呼びかけた。しかし、この記事で彼の名前は紹介できない。両親が就職への悪影響を懸念したからだ。両親は「誰が豹変(ひょうへん)するか分からない」「良い方向に転がるとは思えない」と言い、実名で取材を受けないよう説得したという。

■同性カップル、北欧で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら