[PR]

 エボラ出血熱が流行する西アフリカに滞在し、27日午後に羽田空港に到着した40代男性が発熱の症状を訴えたため、念のため治療に対応できる指定医療機関の国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に運ばれた。塩崎恭久・厚生労働相が同日夜、明らかにした。採取した血液などを国立感染症研究所に送り、感染したかどうか確認の検査をする。検査結果は28日未明に判明する見通し。

 厚労省関係者によると、男性が現地で患者らと接触したことは確認されていないという。

 警視庁関係者によると、男性は40代のジャーナリスト。午後4時ごろ羽田空港に到着した際、37・8度の発熱が確認されたため、国立国際医療研究センターに運んだ。男性は「8月から2カ月間リベリアに滞在し、ベルギー、英国を経由して入国した」と話していたという。

 政府関係者によると、男性はロンドン発の全日空機に搭乗していた。全日空によると、乗客190人、乗員16人が搭乗していた。

 塩崎厚労相は「エボラは接触感染でうつる。新型インフルエンザなどと違うということで、冷静に受け止めてもらいたい。万が一を考え、国際医療研究センターに搬送し、検査している」と話した。