[PR]

 望月義夫環境相の地元支援者らが2008~11年に地元・静岡で開いた「賀詞交歓会」や「ゴルフ大会」をめぐり、望月氏の後援会の政治資金収支報告書には支出した計約742万円しか記載されず、参加費収入の記載がまったくないことがわかった。望月氏は28日未明、後援会の収支でないのに、誤って報告書に支出だけを記載したミスだと、記者団に説明した。

 望月氏の事務所は朝日新聞の取材に対し、記載を訂正しようとしたが、地元の選挙管理委員会が既に保存期限を過ぎたため、報告書を破棄していると説明。望月氏は「(10年までは)亡くなった妻が経理処理をしていた。参加費は確実に集めた」と強調した。

 賀詞交歓会などについて、報告書に支出の記載があったのは「望月義夫後援会」。望月氏の説明によると、望月氏の地元支援者らによる実行委員会は08年と09年の年初に支援者ら向けに賀詞交歓会を、10年と11年にはゴルフ大会をそれぞれ開いた。賀詞交歓会では、参加者約1800人から1人2千円、ゴルフ大会では参加者約200~250人から1人5千円の参加費をそれぞれ集めたという。単純計算すると、少なくとも920万円ほどの収入があったことになる。

 同後援会の各年の収支報告書に…

この記事は有料会員記事です。残り365文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。