[PR]

 近鉄花園ラグビー場がある東大阪市は28日、2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の候補地として正式に立候補すると発表した。30日にW杯の組織委員会(東京)に対し、開催希望申請書を提出する予定という。

 市はW杯誘致に向け、同ラグビー場の建物やスタンドなどを近畿日本鉄道から来年4月をめどに譲り受けて改修する考えで、来年度以降に敷地も買い取る計画だ。国際ラグビーボード(IRB)の視察などを経て、来年3月には国内10~12の開催都市が正式に決まるという。(大宮司聡)