[PR]

 【松尾慈子】おお、ついに、私の偏愛するつづき春が新刊を出した! 10年ほど前だったか、「商業誌からの原稿の依頼が減っています。そろそろ潮時かな」というような、断筆宣言ともとれる言葉を残していたので、私は「このまま、この作家は商業漫画界から消えてしまうのか!?」と不安になっていた。電子書籍での復刊はあったが、新刊となると12年ぶりか? 私は実にうれしい。

 主人公の徹平は29歳独身の会社員。母は早くに亡くなり、家事能力ゼロの父親を助けて、中学生の頃から家事にいそしんできた。その結果ずば抜けた家事能力を持ちながらも、「家事ができすぎるから」「私の家事にダメ出しだらけ」と交際女性からは振られ続けている。徹平の迷走する恋模様と、読者サービスなのか家事の豆知識を盛り込んだラブコメディーである。

 話は単純だし、コメディーらしく無理くりな展開も目につくが、いいのだ、つづき春が描いているのだから。

 徹平は決して偏屈な性格ではな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら