[PR]

 エボラ出血熱の感染が拡大しているリベリアとシエラレオネに、退役した救急車や緊急自動車13台が贈られることになり、28日、成田空港で出発式があった。車両は東京消防庁、和歌山市、福岡市などから提供され、日本外交協会と航空・海上輸送業者の「DHLグローバルフォワーディングジャパン」が29日に発送する。

 同協会などによると、両国では、感染者や疑いのある患者を早期に治療センターへ移送することが急務だが、緊急輸送の手段が極端に不足している。リベリアに7台、シエラレオネに6台贈られ、29日午後9時ごろに成田を出発し30日には届くという。

 式典で、リベリア大使のヤンゴール・テレウォダさんは車両寄贈を受けて「他の国々の力を受け、リベリアはエボラ出血熱の征圧に向けて努力します」とあいさつした。

 その他、医療用ベッド95床が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら