[PR]

 太陽光など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)について、経済産業省は、地熱発電や中小水力発電を優先的に買い取るようにする方針を固めた。急増する太陽光発電より安定的に発電できるため、新規の受け入れで優遇して導入を進めたい考えだ。

 経産省が11月5日の新エネルギー小委員会でこうした考えを示す予定だ。

 再生エネをめぐっては、比較的導入しやすい太陽光の申請ばかりが急増し、九州電力など5電力会社が再生エネの新規の受け入れを中断している。経産省は今月、各社がどれだけ再生エネを受け入れられるか検証を始めたが、地熱や中小水力は、そこで決まる受け入れ可能量の枠外で受け入れられるようにすることなどを検討する。木くずなどのバイオマス発電も地方経済への波及効果があり、優遇対象にするかどうか検討する。

 国が認定したFITの事業計画…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも