[PR]

 「10月から、あなたのポストはありません」。メーカーに勤める都内の男性(47)は今夏、会社から言い渡された。課長級50人への「肩たたき」だった。

 営業成績は常に上位、年収は1千万円を超えた。自宅を買ったばかりで、子どもは私立小に通う。妻がパートに出れば助かる。だが、「働いてくれなんて、妻には絶対言いたくない」。

 子どものころ、小さな会社を経営していた父と、内職で家計を支えていた母はお金をめぐり口論が絶えなかった。妻にはお金で文句を言わせたくなかった。

 退職勧奨を断り続けたのは会社への意地だ。しかし、夫婦の関係が変わることへの恐怖がもっと大きかった。妻が好きなブランドバッグ、私立小、海外旅行。自分も「高い給料を稼ぐ夫」という一種のブランドなんじゃないか――。

 9月末、当面の仕事もなく、自宅待機を命じられた。家に戻り、月給が7万円下がることを伝えると、妻は言った。「足らなくなったら、私が働けばいい」

 拍子抜けした。結婚20余年、妻の口からこんな言葉が出るとは。それでもプライドが許さない。「やっぱり、妻を働かせたくない」

 妻に去られた、家族への暴力がやめられない……。大阪市内の産業カウンセラー吉岡俊介さん(59)のもとには、悩みを抱えた男性たちが訪れる。

 講師を務める中高年男性向けのセミナーでは、オランダ生まれの作家レオ・レオニ作の「ひとあし ひとあし」という絵本を読み聞かせる。動物の体の大きさを測る冒険を続けた小さな尺取り虫は、最後に、鳥から「わたしのうたをはかってごらん」と難題をふっかけられ、できなければ食べてしまうと脅される。

 ここで、参加者にたずねる。「尺取り虫はどうするでしょう?」

 男性たちの答えは「仲間を集めて知恵を絞る」「歌を採点する」。どう解決するかばかり考えていた彼らは、絵本にある予想外の結末に拍子抜けする。

 答えは「逃げる」。

 吉岡さんも大手損保会社の管理職だった。「理不尽なことがあっても立ち向かう。逃げるなんて発想はなかった」。社内のトラブルの責任をとらされ、47歳で辞表を出した。妻に誘われ、今の活動と出会った。

 ふだんは疑うことのない「らしさ」の意識が、男たちをからめとる。(高橋末菜)

 9月20日、映画「ハリー・ポ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら