[PR]

 目の大きな“美少女”海女の「萌(も)えキャラ」が完成した。四日市市のイベント企画会社が制作し、志摩市がご当地キャラとして公認した。11月1~20日の間、名前を募集する。

 身長158センチ、体重46キロ、O型の17歳。おばあちゃんが海女で、自分も可愛くおしゃれな海女を目指していて、てこねずしやお菓子が好き、という設定だ。水中メガネをつけ、アワビなど獲物を入れるおけを持っている。

 制作したのは、四日市市のバイクレーサー浜口喜博さん(38)の関係会社。志摩市の意見も採り入れながらデザインした。観光PRなどに活用してもらう予定という。

 名前の応募は専用のウェブページ(http://maribon.jp/別ウインドウで開きます)で受け付ける。フルネームで、志摩市や海女のイメージにふさわしい、といった審査基準がある。事務局が選考し、11月末ごろに志摩市のホームページで結果を発表する。入選者3人に市から海産物などが贈られる。