[PR]

 安倍晋三首相は30日夜、拉致被害者らの再調査の現状を確認するため北朝鮮を訪問し、同日帰国した政府代表団から報告を受けた。首相は報告を受けた後、首相公邸で記者団に「拉致問題が最重要課題であることなど、日本側の立場を明確に先方に伝えた」と述べた。政府関係者によると、北朝鮮側から拉致被害者に関する具体的な安否情報は示されなかったという。

 首相は「北朝鮮側から過去の調査結果にこだわらず、新しい角度からくまなく調査を深めていくとの方針が示された」と述べた。さらに日本側が、特別調査委員会の態勢や方法、現状について詳しく聴取し、「特殊機関に対しても徹底的に調査を行うとの説明があった」とも語った。

 首相は「拉致問題解決に向けた強い決意を北朝鮮の最高指導部に伝えた。今後の迅速な調査と一刻も早い結果の通報を要求した」とも述べた。政府関係者によると、こうした日本側の要求に対し、北朝鮮側からは先送りされている調査委の初回報告について、明確な時期は示されなかったという。

 平壌での28、29両日の協議…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも