[PR]

 栃木県警は1日、機動捜査隊の女性巡査部長(42)が実弾を装塡(そうてん)した拳銃などを駅のトイレに置き忘れたと発表した。拳銃は、置き忘れた約10分後に他の利用客が気づいて駅員を通じて届け出た。使われた形跡はないという。

 同隊によると、巡査部長は10月31日午後5時10分ごろ、捜査中にJR今市駅構内の女子トイレを利用。拳銃や手錠、特殊警棒を着けたベルトを個室の壁のフックにかけたままトイレを出た。約10分後にトイレを利用した女性客が気づいたという。

 拳銃は体から離さないなどと指導していたといい、設楽照夫隊長は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。