【動画】文化勲章の親授式後に記者会見する中村修二さん=池永牧子撮影
[PR]

 青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞の受賞が決まった、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)が3日、文化勲章の親授式後に東京都内で会見した。青色LEDの開発時に勤務し、発明の対価をめぐり裁判で争った日亜化学工業(徳島県阿南市)について「過去は忘れて仲直りしたい」と述べた。

 会見で中村さんは、自身がノーベル賞や文化勲章を受けることができるのは、「日亜化学の貢献が非常に大きい。感謝している」と語り、日亜化学の小川英治社長と面会したい考えを示した。関係が良くなれば、日亜化学との共同研究も視野に入れているという。

 関係改善は、徳島大で指導教官だった多田修名誉教授の希望でもあるという。ノーベル賞で中村さんが受け取る賞金(約4千万円)の半分を、徳島大に寄付することも明らかにした。

 中村さんは、日亜化学に勤めていた1990年代に青色LEDの効率的な製法を開発した。99年に中村さんが会社を辞めた後、発明の対価をめぐって日亜化学と裁判で争った。2005年に約8億円で和解したが、その後も両者の関係は修復していないという。

関連ニュース