[PR]

 日本酒真野鶴の醸造元、尾畑酒造(佐渡市真野新町)は廃校になった小学校を改装した酒蔵でつくった新銘柄「学校蔵」を売り出した。生まれ変わった学校の校訓は「幸醸心(こうじょうしん)」。酒造りを通した人のつながりから幸せを醸す。そんな思いから、来年は「酒造りの学び場」の試みも始める。

 3日、酒蔵となった佐渡市の旧西三川小学校に住民を集め、設備のお披露目会と酒の試飲会があった。卒業生で農家の男性(63)は酒をちびりと飲んでは「うまい」とうなり、「酒蔵として残すのは良い取り組み。今後も人が集まるように願っている」と話した。

 真野湾沿いの高台にある同校は2010年、136年の歴史に幕を閉じた。体育館はスポーツ団体がバドミントンの練習場に使っているが、ほかの教室は放置状態だった。同社は14年5月、理科室と理科準備室を改造して酒蔵とし、そこで酒造りを始めた。

 蔵は通年で酒造りができるよう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら