自民党の元衆院議員で、衆院議長を務めた田村元(たむら・はじめ)さんが、1日、老衰のため東京都渋谷区の病院で死去した。90歳だった。近親者で密葬は営まれた。12月に都内と三重県松阪市で「お別れの会」を開く予定。連絡先は女婿の盛山正仁・衆院議員の事務所(03・3581・5111)。前厚生労働相の田村憲久・衆院議員は、おいにあたる。

 1955年に30歳で初当選し、旧三重2区から連続当選14回。89年に衆院議長に就任、96年に引退した。

 故大野伴睦氏系の党人派。82年の自民党総裁選では総理・総裁分離を、84年には「二階堂(進・元副総裁)擁立劇」を画策するなど政局の節目節目で動き、「政界仕掛け人」と言われた。86年からは約2年半にわたり通産相を務め、日米経済摩擦や東芝機械の対共産圏輸出統制委員会(ココム)規制違反などの問題の処理にあたった。