[PR]

 コンビニがインターネット通販の魅力を採り入れようとしている。業界2位のローソンは4日、ネット通販「アマゾン」の買い物を店でできるようにすると発表した。首位セブン―イレブンは、グループの百貨店やスーパーの商品を、早ければその日に店で受け取れるサービスを始める。

 いずれも2015年をめどに本格化させる。取り寄せ料金は原則無料だ。ネットに慣れないお年寄りや、好きな時に受け取りたい単身者、自宅まで届けに来てほしくない女性の声に幅広くこたえ、来店者を増やすことを狙う。

 ローソンの新サービスは、店内の情報端末「ロッピー」の受話器で注文でき、商品は最短2日で店に届く。注文も受け取りも午前9時から午後9時まで。5日から静岡県内の大半の199店で始め、15年春以降に全国約1万2千店に広げる。

 ネットで注文したアマゾンの商…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも