[PR]

 石巻市の石巻仮設住宅自治連合推進会(仮設自治連)は、仮設の入居者向けに、緊急時の連絡先を書いておくカードを作り、配り始めた。冷蔵庫に貼っておき、体調を崩して救急車で運ばれたときなどに、周りの人が家族や親類と連絡を取りやすくする。

 出来上がった「きんきゅうカード」は、裏面に生年月日や同居者名、緊急連絡先などを書いておく。緊急時に消防署員や警察官がカードの場所がわかるように、貼っておく場所を冷蔵庫と決めた。貼るためのマグネット二つも一緒に配られる。

 市内の仮設では、お年寄りが救急搬送された際、身内と連絡が取れなかった事例が少なくとも2件確認されている。一人暮らしの人が急に体調を崩したり、同居家族が不在のときに外で倒れたりしたが連絡先がわからず、やむを得ず自治会長が病院に付き添った。

 市内では依然、約6千世帯(1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら