[PR]

 東レは4日、2015年のキャンペーンガールに、タレントの宮沢セイラさん(21)を選んだ。これまでのような水着のPRだけでなく、浄水機器や医薬品などの商品も含めたすべての事業の「宣伝役」を務めるという。

 東レは1981年以降、「キャンギャル」を毎年選び、山口智子さんや藤原紀香さんら著名な俳優も輩出してきた。だが、昨年11月、一度発表したキャンギャルと所属事務所の間でトラブルがあり、起用を中止せざるを得なくなった。14年は30年以上の歴史で初めて空席になった。

 これを機に東レは、キャンギャルの役割を見直した。「認知度が高く、東レの貴重な資産の一つだ」(幼方(うぶかた)聡子宣伝室長)と、グループ全体の「顔」として復活させることにした。

 15年のキャンギャルに選ばれた宮沢さんは、アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーで、元Jリーガーでサッカー解説者の宮沢ミシェル氏を父親に持つ。さっそく、50%伸縮性を高めて着心地をよくした東レの新しい水着用素材の説明役を任せられ、実演していた。(伊沢友之)

こんなニュースも