[PR]

 朝日新聞社と日本高校野球連盟は5日、大阪市内で全国高校野球選手権の運営委員会(委員長=奥島孝康・日本高野連会長)を開き、来夏の第97回大会を8月6日に開幕することなどを決めた。来夏は8月28日からU18(18歳以下)ワールドカップが大阪、兵庫で開催されるため、例年より開幕を早めた。このため、代表校の甲子園練習は行わず、球場見学会を実施。甲子園練習を行わないのは、8月2日開幕だった90回大会(2008年)以来。

 大会には今夏の96回大会と同じ49校(北海道は北と南、東京は東と西の2校)が出場。兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、15日間の日程(休養日1日を含む)で開かれる。組み合わせ抽選会は8月3日午後4時から、大阪市北区のフェスティバルホールで行う。

 また、日本高野連は、来夏の軟式の全国選手権(兵庫・明石)を例年より3日早く、8月22日に開幕することも発表した。