[PR]

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物(東京都千代田区)が、不動産投資会社「マルナカホールディングス」(マルナカHD、高松市)に売却されることが最高裁の決定により確定した。在日朝鮮人にとって「団結の象徴」だった中央本部。その土地と建物が民間企業の手に移ることになる。在日社会への影響、拉致問題をめぐる日朝協議の行方はどうなるのか。

 売却先の不動産投資会社「マルナカホールディングス」(マルナカHD、高松市)の代理人の白井一郎弁護士は5日、報道陣に対し、「最高裁の決定がいつ出るか分からず、動くに動けなかった。一歩前進だ。代金を期限内に納めることは間違いない」と話した。

 購入は投資目的であると改めて強調。土地や建物の利用方法は今後検討するという。所有権が移った後、朝鮮総連には明け渡しを求めていくとし、朝鮮総連への賃貸について「(マルナカHDの)会社側とそういう話はしていない」と明言。朝鮮総連側との接触も「まったくない」と語った。

 朝鮮総連の移転先に取りざたさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら