[PR]

 5日午前10時半ごろ、栃木県那珂川町富山の林道脇の斜面で、県動物愛護指導センターの職員らが小型犬27匹の死体を見つけた。県内では先月31日にも宇都宮市の鬼怒川河川敷で約40匹の小型犬の死体が見つかっている。県警は関連を調べるとともに、犬の死体をみだりに捨てた廃棄物処理法違反の疑いで調べている。

 那珂川署によると、死体はミニチュアダックスフント10匹、トイプードル4匹、チワワ2匹、コッカースパニエル1匹、パグ1匹など。いずれも外傷はなく、首輪は着けていなかった。死んで数日経っているとみられる。

 4日午後、近くの住民から町住民生活課へ「野犬がいる」と通報があり、町は同センターに連絡。町やセンターの職員らが5日朝に調べたところ、犬の死体が見つかった。付近では、生きているトイプードルなどの小型犬も5匹見つかった。

 現場は、31日に犬の死体が見つかった現場から約22キロ東の山中。