ワイドショーなどテレビ番組での人情味たっぷりの名司会で人気を集めたタレントで落語家の桂小金治(かつら・こきんじ、本名田辺幹男=たなべ・みきお)さんが3日、肺炎のため川崎市内の病院で死去した。88歳だった。通夜は10日午後6時、葬儀は11日午前9時30分から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻良子(りょうこ)さん。

 東京都生まれ。桂小文治門下で落語家となったが、二つ目時代の1952年に俳優へと転身し、映画界で活躍。その後、活動の中心をテレビに移し、66年から現在のテレビ朝日系でワイドショー「桂小金治アフタヌーンショー」の司会を務めた。政治や社会の問題に激しくかみつく姿から「怒りの小金治」と呼ばれた。

 75年から日本テレビ系のバラエティー番組「それは秘密です!!」の司会に。離ればなれの家族などが久しぶりに対面するコーナーで、もらい泣きする姿も話題になり、今度は「泣きの小金治」と言われた。テレビの仕事に力を入れる一方、高座にも時折上がった。

 また、ワイドショー時代に取り組んだキャンペーンをきっかけに、事故などで親を亡くした遺児たちを支援する運動にも長くかかわった。