元NHK会長の川口幹夫(かわぐち・みきお)さんが5日、胃がんのため東京都内の病院で死去した。88歳だった。通夜は10日午後6時、葬儀は11日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長女京子(きょうこ)さん。

 東大文学部卒業後、1950年にNHK入局。芸能畑を歩み、「紅白歌合戦」「夢であいましょう」などNHKを代表する芸能番組を手がけた。専務理事、NHK交響楽団理事長などを歴任。91年に不祥事で任期途中で辞任した故島桂次氏の後任会長につき、2期6年務めた。在任中はハイビジョン実用化試験放送や、テレビの国際放送を始めるなどした。