[PR]

 拝島駅の北を流れる玉川上水。駅前の道路に通ずる小さな橋が架かる。名前は「日光橋」。何の変哲もない橋だが、実は古い。1891(明治24)年に造られた。道路橋としては、日本に現存する最古のれんが積みアーチ橋だという。

 「当初の狭い橋を戦後、コンクリートで拡幅したので、上を通る分には、そんなに古い橋だとはわかりません」と、案内してくれた東京都福生市郷土資料室の青海(せいがい)伸一さん(35)。橋の下をのぞき込むと、両側をコンクリートに挟まれた茶色のれんが積みが見えた。

 旧日光街道(千人同心街道)が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも