[PR]

 中国で、香港の行政長官選挙をめぐる「雨傘革命」に賛同した少なくとも94人が拘束されていることが、人権団体アムネスティ・インターナショナルの調べでわかった。同団体の日本支部は6日、北京でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)などの場で、中国側に釈放を働きかけることを求める岸田文雄外相宛ての要請文を提出した。

 拘束されたのは、食事会で「風雨の中、自由を抱きしめる香港を支持する」などと書いたプラカードを掲げていた人や、その写真をソーシャルメディアに流した活動家や芸術家ら。十数人は「騒ぎを引き起こした容疑」で、正式に逮捕されたという。

 要請文は、拘束が中国の憲法も保障している言論の自由に対する侵害と指摘。安倍晋三首相が「法と正義の支配する国際社会を守ること」を外交理念に掲げていることを踏まえ、拘束された人々の解放を働きかけるよう求めている。

こんなニュースも