[PR]

 米オバマ政権は7日、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」と戦うイラク軍やクルド人部隊を支援するため、米軍1500人をイラクに追加派遣することを決めた。駐留する米軍の規模は3千人近くに倍増することになる。

 イラクには現在、米軍約1400人が駐留し、イラク軍やクルド人部隊の支援や米大使館などの警備にあたっている。国防総省によると、新たに1500人を追加派遣し、イラク軍の軍事作戦に助言や支援をする作戦センターをイラク国内の2カ所に設置する。イラク軍やクルド人部隊を訓練する拠点も各地に設ける。

 オバマ政権は追加派遣に伴い、イスラム国掃討作戦の戦費として56億ドル(約6400億円)の追加拠出を議会に要請した。

 オバマ政権は今年6月、「イス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも