[PR]

 中国・上海で8日にあったフィギュアスケートのグランプリシリーズ中国杯で、ソチ五輪金メダリストが意地を見せた。羽生結弦(19)が2位。直前練習で中国選手と衝突して負傷し、演技では何度も転倒したが、踏ん張った。

 男子フリーの後半グループが始まる前の6分間練習中、アクシデントは起きた。羽生が閻涵(イエンハン、中国)と激突。会場が悲鳴に包まれた。2人とも倒れ込んで身動きが取れない。氷上には血が流れた。

 数分後、羽生は頭に包帯を巻き、あごに、ばんそうこうを貼った痛々しい姿でリンクに戻ってきた。練習を再開したが、足元はおぼつかない。ジャンプを跳んでは手をつき、起き上がってはふらついた。

 それでも、リンクに上がった。2種類の4回転ジャンプはいずれも転倒したが、ミュージカル曲の「オペラ座の怪人」に乗せ、滑りきった。採点後、両手で顔を覆って泣いた。そのまま、担架で運ばれた。閻涵も負傷したが出場した。

 記者会見したブライアン・オーサーコーチらによると、羽生は演技後、あごを7針、右側頭部を3針縫った。9日に日本に帰国し、精密検査を受けるという。負傷しながらの出場が正しい判断だったかと問われたオーサーコーチは「今はヒーローになる時ではない、と言い聞かせたが、結弦の決意は固かった。彼の目を見て大丈夫だと思ったし、普通に話せていたので彼の判断を尊重した」と話した。(上海=金島淑華)

こんなニュースも