[PR]

 「2014SUZUKI日米野球」に出場する日本代表「侍ジャパン」は9日、ヤフオクドームで初練習を行った。12日からの日米野球では延長十回以降は無死一、二塁からプレーするタイブレーク制が採用されるため、救援投手と内野陣は連係プレーのサイン確認をした。

     ◇

 10日に行われるソフトバンク・日本ハム連合との壮行試合の先発には阪神の藤浪が指名された。この日は同い年の日本ハム・大谷とキャッチボールをして、日米野球で使用される米国社製の球の感触を確かめた。壮行試合とはいえ、最初の試合を任される藤浪は「身が引き締まる思い。(日本シリーズ後)あまり調整はできていないが、ボールに慣れることが大事。しっかり投げるだけ」と語った。

こんなニュースも