【動画】車椅子で到着ロビーに姿を見せた羽生結弦=小松重則撮影
[PR]

 中国・上海で8日にあったフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ中国杯の男子フリーで、本番直前の6分間練習での接触事故でけがをしながらも演技をし、総合2位になった羽生結弦(ANA)が9日夕、成田空港への到着便で帰国した。

 紺のジャージーにマスク姿の羽生は、座った車椅子を押してもらいながら到着ロビーに姿を見せた。詰めかけたファンらから「頑張ったね」などと声をかけられ、座ったまま何度も頭を下げながら、駐車場へと向かった。頭に包帯などはなかった。

 日本スケート連盟によると、羽生は当初、中国杯を終えた後は練習拠点のカナダに戻る予定だったが、精密検査を受けるために急きょ、日本に滞在することになった。

関連ニュース