[PR]

 米ハリウッドで8日、アカデミー賞名誉賞の授賞式があり、アニメ映画監督の宮崎駿さん(73)ら3人に贈られた。日本人の同賞受賞者は、1990年に贈られた黒沢明監督以来2人目となる。

 同賞は、生涯を通じての映画への貢献に贈られる。記者会見した宮崎さんは、トロフィーを手に「重いんです」。日本人としては2人目の受賞に「賞で何も変わらない。黒沢さんももらいたくなかったんじゃないかな。映画を作るのはもっと生々しい。(同賞は)ご苦労さん、ずいぶん長くやってましたね、というものでしょう」などとうれしそうに話した。

 宮崎さん以外の受賞者は、アイルランド出身の俳優で往年のハリウッド映画に出演したモーリン・オハラさん(94)と、フランスの脚本家ジャンクロード・カリエールさん(83)。3人の中で最年少となる宮崎さんは、「本当に(自分は)小僧と思った」。授賞式でオハラさんに会えたことが一番うれしかった、という。

 宮崎さんの作品は、2003年に「千と千尋の神隠し」が長編アニメ部門でアカデミー賞を受賞したほか、06年には「ハウルの動く城」、今年は「風立ちぬ」が同部門で候補作になった。宮崎さんは昨年、長編アニメからの引退を表明したが、今後のアニメとの関わりについて、「大きいのは無理だけれど、小さいものは、出来る範囲でやっていこうと思っている」などと話した。(ロサンゼルス=平山亜理

こんなニュースも