[PR]

 日本航空機「よど号」を乗っ取り、北朝鮮に渡った元赤軍派メンバーと妻のグループが支援者を通じて、ツイッターでつぶやき始めた。事件から44年。元メンバーらが高齢になるなかで、帰国の希望を世論に訴えかけるのが狙いだが、厳しい反応も多い。

 〈1970年、日航機「よど」をHJ(ハイジャック)して北朝鮮に来たのです。以来、ずっとこちらにいます〉〈拉致疑惑をはねかえし日本への帰国をめざして頑張ります〉

 グループのツイート(つぶやき)が流れ始めたのは10月3日。北朝鮮ではインターネットの接続先が制限され、ツイッターを使えないため、日本の支援者に定期的にメールを送って代わりに投稿してもらっている。

 ツイッター上の名前は「何でもアリ!? よど号のyobo―yodo」。事件当時は多くが20代だった元メンバーも今では60~70代になったことや日本国内から強い批判を受けている現状を自嘲する意味を込めたという。

 支援者の一人で、昨年8月に訪朝したフリー編集者の小林蓮実さん(41)によると、元メンバーらで最初にツイッターに関心を持ったのは現リーダーの小西隆裕容疑者(70)=国外移送略取容疑などで国際手配=だ。

 小西容疑者は衛星放送で視聴するNHKニュースなどを通じて海外の情報に触れ、中東の民主化運動がツイッターなどソーシャルメディアを通じて広まったことに注目。訪朝中の小林さんにツイッターでの情報発信を相談したという。

 元メンバーらの「肉声」に反応も相次いでいる。

 〈歴史の生き証人の方々と会話…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら