[PR]

 自動販売機に火をつけて現金を盗んだとして、警視庁は、いずれも東京都葛飾区に住む14~15歳の男子中学生6人を盗みと器物損壊の疑いで逮捕し、小学6年の男子児童(12)を補導して10日発表した。いずれも容疑や非行内容を認めているという。

 少年事件課によると、7人は9月14日、葛飾区内に置かれていた清涼飲料水の自動販売機2台の釣り銭受け取り口を燃やし、現金計1万3千円を盗んだ疑いがある。事件後、消火器で自ら火を消していたという。

 同課は、供述などから、7人を含むグループが9月、同区内で計14台の自動販売機を燃やし、計約6万円を盗んだとみている。調べに対して、中学生らは「スマートフォンでやり方を検索した。ゲームセンターで遊ぶ金がほしかった」と話しているという。