[PR]

 大阪市西区に住む奈良女子大学文学部1年の廣木佳蓮(かれん)さん(19)が、自閉症の弟、旺我(おうが)さん(18)と一緒に通った小中学校での思い出を小冊子「お~い! お~ちゃん!」にまとめた。副題は「障がいのある弟とのハッピーデイズ」。共に学んだ日々を広く伝えようとペンをとった。

 佳蓮さんは大阪市立本田小学校から花乃井中学校に進んだ。1歳下の旺我さんは7歳で「自閉症」と診断されたが、両親は「普通の子と同じように」と考え、特別支援学校には行かせず、佳蓮さんと同じ小学校に通わせることにした。

 入学式の思い出は、新入生だった弟が前に走り出て、田植え歌を歌ったこと。佳蓮さんは2年生だった当時を振り返り、「正直に言うと、私の中にも恥ずかしい気持ちや怒り、あきらめの気持ちがありました」とつづった。

 ある日、小学校の支援員が旺我…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら