[PR]

 午後5時。シャッターが開き始める。日が暮れると、けばけばしいピンクや紫のネオンが夜を彩る。店の外まで重低音を響かせるクラブがにぎわう。福生駅東口の夜は、独特な世界が広がっている。

 その一角に、異彩を放つ壁画がある。金髪で一糸まとわぬ女性に、アロハを着てウクレレを手にする男性、顔が描かれた戦闘機、海とヤシの木……。どこか異国情緒を漂わせる。描いたのは、イラストレーターや俳優など幅広いジャンルで活躍するリリー・フランキーさんだ。

 彼のエッセー「美女と野球」に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも