[PR]

 大阪市西成区の路上生活者らが、振り込め詐欺などの犯罪に悪用される「飛ばし携帯」の調達手段として狙われている。見知らぬ男に誘われて6台の携帯電話を契約し、多額の請求で自己破産した男性が、朝日新聞の取材に語った。

報酬2万円6台契約→100万円の請求書

 日雇い労働者が集まる西成区あいりん地区。そこに住む男性(64)は、路上生活をしていた昨年3月、大阪・ミナミの道頓堀川近くの路上で、ファストフード店の残飯のハンバーガーを食べていたとき、見知らぬ男から声をかけられた。

 「おやじさん、2万円やるから名義を貸してくれんか。携帯を契約したい」。背が高く、ジーンズにジャンパー姿。50代くらいの普通の中年男に見えた。

 男性は青森で生まれ、千葉で40年ほど暮らした。建築業が失敗し、億単位の借金を抱え、妻子は出て行った。日雇い労働で食いつないだが、50代後半になると高血圧を理由に雇ってもらえなくなった。関東を転々とし、名古屋を経て、大阪に流れ着いた。

 道頓堀で声をかけられたとき、手元の所持金は1500円。男の誘いに乗ると別の男3人に車に連れ込まれ、「住民票と公共料金の証明書が必要や。身分証明書はあるか」と言われた。

 千葉にいた時の顔写真付き住民…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら