[PR]

 インド中部チャティスガル州で人口抑制のために無料で行われた避妊手術を受けた女性らが死亡した事件で、同州警察当局は12日夜、手術を行った医師ラメシュ・グプタ容疑者を過失致死の疑いで逮捕した。死者数は13日までに13人になった。

 インドでは、各州政府が無料で避妊手術をしている。中央政府に報告する手術数を増やすために奨励金を出して貧しい女性を集め、一気に手術することが多いという。今回の現場は廃業した病院の建物で、グプタ医師が83人を4時間弱で次々と手術したという。

 グプタ医師は警察署内で報道陣に「何年もこの手術をしてきたが問題はなかった。事件の責任は私ではなく政府にある」と語った。(ニューデリー=貫洞欣寛)

こんなニュースも